桜新町は天龍の街

未分類

桜新町の物件を案内する。

世田谷の桜新町といえば、一般にはサザエさんの街である。

作者の長谷川町子の自宅があった場所であり、現在では長谷川町子記念館が存在する。

目立たない街であるが、生活環境としてはとてもいい場所である。

今はなくなってしまったが、駅前に「嶋田」という寿司屋があった。

プロレスラー天龍源一郎の店であった。

天龍の本名は、嶋田源一郎である。ゆえに「嶋田」なのだ。

十数年前に店はなくなってしまったが、

桜新町にいくと、天龍を思い出す。

プロレスの裏話のYouTubeをみたら、ある雑誌記者が

「天龍さんに取材しようとしたら、嶋田で飯を食べながらさせられた」

という話をしていた。

天龍はとんでもない大酒飲みなので、自分の店でもガブガブ飲んでいたのだろう。

もう現役を引退したが、タレントとして活躍する姿をみるのは

ファンとしてとても嬉しいものである。

彼が桜新町に住んでいたかどうかは知らない。

桜新町という町は、近所に小さい公園がたくさんある。

駒沢公園まで歩いても10分くらいなので、

生活する環境としてはとてもいい場所である。

そういえば、ちょっと前に、駒沢公園を散歩していたら、

犬を連れた相本久美子が歩いていた。

もう今では60歳を超えているのだろうが、相変わらず

綺麗で、かわいかった。

桜新町の欠点は、田園都市線がとんでもなく混むことであった。

それがコロナ問題のおかげで、電車の混雑が緩和したことは

大きなメリットである。

いい住宅環境としてはかなり穴場であると思う。

桜新町という名前の通り、春の駅前の桜並木は絶景である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました