エレベーターなし4Fのマンション

未分類

過去20年間に建設されたマンションにはほぼ存在しないのであるが、

昭和に建設されたマンションなどには、4階建で、エレベーターなしという物件

がけっこう存在しているわけである。

若くて足腰が強ければいいが、高齢になると、4階を階段で上るというのは

かなりな苦行である。

考えてみるとわかるが、ありとあらゆるものを階段であげるのである。

テレビであろうが、洗濯機であろうが、すべてである。

そういう物件の家賃がべらぼうに安いかというと、そうでもなかったりする。

ゆえに、4階建のマンションには、4階がほぼ無人で、3階にパラパラいて、

1〜2階は満室なんてこともよくあるわけである。

もし若くて、荷物が少ない人であるなら、こういう物件はオススメである。

仮に家賃が高めだったとしても、料金交渉が可能で、実際には

かなり安い金額で契約できたりもするわけである。

一般的な物件は料金交渉することは難しいが、こういう物件であれば

料金交渉は比較的容易なのである。

大家さんの立場になれば、ずっと空室でいるよりも、いくらかでも収入があった

ほうがいいと考えるわけである。

実際に、都心にこういう物件はほとんど存在しない。

理由は簡単だ。

土地に価値があれば、銀行がすぐに融資してくれるので、エレベーターなしの

4階建の物件は、すぐに新築に変えられるからである。

ゆえに、こういう物件は郊外にいくと多数存在しているわけである。

土地の担保価値が低いので銀行の融資がでないので、再建築できないのだ。

ゆえに古いままに、存続し続けるである。

最近のニュースで、東京都狛江市にある多摩川住宅の全面建替え工事が発表された。

ここは、私の友人の家族が住んでいたので、学生時代よく遊びにいったのだ。

基本すべて4階建のエレベーターなしの住宅である。

1500戸ほどあるマンモス住宅である。

数年後には、立派なマンションが立ち並ぶわけである。

コメント