準住居地域にある物件(街道筋など)

未分類

すべての土地は、区分されていて、何らかの名称がつけられている。

わかりやすいのは、工業地帯である。基本的に工場などしか建設できない

土地である。

住居地域にも様々な区分分けがされており、最も住居にふさわしいと

みなされている場所が第1種低層住居地域である。

この地域はコンビニもつくることはできない。

店があったとしても、半分以上が住居になっているクリーニング店などだけである。

その次が、第2種低層住居地域で、このエリアであれば小規模のコンビニくらいは

営業可能になるのである。というように、どんどん規制が強くなっていくのである。

そして、7番目に位置するのが「準住居地域」である。

大きな道路のそばにあるエリアで、映画館や自動車修理工場なども認められるエリアである。

国道沿いにある大型マンションは、たいていこのエリアである。

ありていにいえば、最も住居に向いていないエリアなどである。

道路の騒音や、排気ガスなど、また周りの環境などに問題があるから「準住居」地域なのである。

幹線道路沿いのマンションでも、地上10階以上になると、道路の騒音はほとんど

気にならなくなる場合が多い。ただし、3〜4階くらいだと、かなり大きな騒音が

する場合があるわけである。

私は住居にとって最も重要なことは、「安眠」できる環境だと考えている。

よって、街道筋になる低層階の住居は、オススメは決してしない。

どうしてもそういう物件を契約しようとする人には、

「夜になるとけっこううるさくなりますが、それでも大丈夫ですか?」と

しつこいくらいに念を押してから契約するようにしている。

先日のお客様は、「私は看護婦なので、いつもかなりうるさい場所で仮眠をとって

いるので、全く気になりません」ということなので、契約してもらった。

その物件は、国道と鉄道が交差する交差点の物件で、隣に自動車修理工場が

ある一軒家だったのだ。現在でも快適に住まわれているようである。

でも、そういう人は稀だと思う。

多くの人は、現在住んでいる住居が静かなので、静かであるということに無頓着なのだ。

それに気づかずに、「すぐに引っ越し」なんてことがないように、

気をつけてもらいたいと考えている。

コメント