東南角部屋は最高か?

未分類

一般論として、東南角部屋の部屋はよしとされている。

陽当たりたりがいいからである。

多くの人は、同じように考えるだろう。

でも、そんなことはそれほど重要ではないと、私は考えている。

昭和の初期、エアコンが存在しない時代には、確かにとても重要なことだったと思う。

冬は寒くて、夏は暑いからである。

ところが現在は令和4年である。ほぼ全ての部屋に冷暖房が完備されている。

多少の暑さや寒さなど、エアコンがあれば、問題なく対処できるわけである。

例えばであるが、東南角部屋で、目の前に高架の高速道路がある物件があったとする。

おそらく二重サッシで、多少の防音はされているはずであるが、

深夜の騒音はかなりひどいはずである。

騒音というのは、夜中には何倍かになるものである。

日中は気にならない程度の音でも、布団に入って静かにしていると、

気になって仕方がないなんてことはよくあるわけである。

でも、東南角部屋である。

無論、とても静かな場所で、東南角部屋であれば、それは理想的にいいのかもしれない。

そんな物件は稀である。

現代日本の物件には、多かれ少なかれ、何らかの問題が付随しているはずである。

例えば、となりに小学校があったとする。小学校だと、夜は静かである。

ところが土日の校庭は、校庭開放やら、野球チームの練習やらで、かなり五月蝿いわけである。

休日の日中にぐっすり休むなんてことは不可能なのである。

何がいいたいのかというと、ファイスバリューに騙されないということなのである。

東南角部屋は確かに魅力かもしれないが、それ以外の要素のほうが重要な

場合のほうが多いのだ。

部屋探しの基本は自分の目で見て判断することである。

本当に重要なことは何なのか?

住居における最も重要なことは、静寂性にあると、私は考えている。

陽当たりは重要かもしれないが、極端に悪くなければ、それほど重要ではないと思う。

コメント