3月末は大チャンス

未分類

日本社会は4月が年度初めであるために、この時期だけ集中して人が動くのだ。

4月1日に異動する場合が極めて多いわけである。

つまり、3月末までは元の場所にいて、4月1日に移動する人がとても多いわけである。

ゆえに、3月末ギリギリまで元居た場所に住み続け、4月のできるだけ早い時期に

移動する人が多いわけである。

考えてみるとわかるが、誰かが住んでいる限り、基本的に内見はできないわけで、

その人が引っ越しして、ようやく部屋の中身が見れるわけである。

部屋が空室になったその日に内見を実施し、そしてそのまま契約をするという

方法はかなりおススメである。

ある程度目星をつけて、内見をしないで、契約してしまう人もいることはいるが、

さすがに物件を見ないで契約をするのはどうかと思う。

大家さんによるのであるが、内見をしないのに契約をすることを認めない場合もある。

これは合理的な判断で、内見をしないで契約をして、すぐにキャンセルしてしまう

なんてケースがよくあるからである。

不動産会社は嫌がるが、申込をしてから一方的にキャンセルしても、法的な

罰則規定はないのである。

3月末に空室予定の物件をピックアップしておき、

内見可能日の当日に速攻で内見して、その場で契約というのはいい手である。

問題は、同じことを考える人は多いので、本当に数分の差で、申し込めないことも

多々あるということである。

いい物件というのは、すぐに決定してしまうから、いい物件なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました