鉄筋コンクリートと鉄骨マンション(アパート)の違いについて

未分類

アパートなどの総合住宅を大別すると、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートに

大別される。木造と、鉄筋や鉄骨の違いはなんとなく分かっても、

鉄筋コンクリートと、鉄骨の違いになるとよくわからない場合が多いと思う。

「鉄骨鉄筋コンクリート」なんていう分類もあるから、わかりにくさに拍車をかけていると思う。

部屋選びの時の視点で解説させていただくと、最大のポイントは静寂性と

温度変化である。

静寂性で考えると、最も優れているのは鉄筋コンクリート(鉄筋鉄骨コンクリート)である。

鉄筋にコンクリートで固めてあるので、頑丈であるとともに、

静寂性も高いわけである。鉄骨や、木造に比べると、隣の部屋の物音が

聞こえる割合はかなり低くなる。

またコンクリートの壁が、それなりに断熱や断冷効果があるので、

鉄骨に比べると、優位性があるのだ。

その代わり、鉄筋コンクリートのほうが製造コストが高くなってしまうのであるが

入居者の立場に立てば、なんの問題もないわけである。

製造コストは高くても、賃貸料金にその分を上乗せできるわけでもないので、

一般的には上になるわけである。

もし、似たような物件で、料金も同じくらいで、大きな違いが

鉄筋コンクリートか、鉄骨しかない場合であれば、

鉄筋コンクリートの物件をおススメする。

とはいいながら、そういう2択で悩む状況というのは、まずないだろう。

現実には、もしその物件が鉄筋コンクリートだったら、

「悪くない」と考えていいくらいの話である。

調べてみるとわかるが、比較的低価格の家賃物件で、鉄筋コンクリートの

物件はほとんど存在していないわけである。

鉄筋コンクリートは、製造コストも高いが、将来解体するときの解体コストも

高いのである。よって、大家の立場からすると、できれば避けたいわけである。

コメント