ブラックリストに載っている人

未分類

ほとんどの賃貸物件は、保証会社による審査があり、

過去にクレジットカードへの不払いや、家賃の滞納がある人は、

審査に通らない可能性が高くなる。

そのようなケースでは、事前に仲介会社に、正直に状況を話してもらうほうが

はるかに有利になる。

賃貸物件を借りる場合、実は2つの立場の不動産会社が存在します。

仲介会社と、管理会社です。一つの会社が、仲介会社と管理会社を兼任している

場合もありますが、多くの場合、仲介会社と管理会社は別会社です。

この二つの立場の会社は、実は利害が一致していないのです。

どういうことかというと、管理会社はその物件を管理しているので、

後々問題を起こしそうな人を入居させてしまうと、自身にトラブルが

降りかかる可能性が高くなるわけである。

一方、仲介会社は、仲介をして入居が決まってしまえば、そのあとは、管理会社の

責任になりますから、審査だけを通して契約をしてしまえば「お役御免」なわけである。

入居後のトラブルには、基本的にはかかわらなくて済む立場なのです。

一般的にブラックリストに載っているような人と契約するのは嫌だと思われると

思うが、仲介会社にとってみると、必ずしも、そんなに嫌なわけではないのです。

つまり、仲介料をきちんと支払ってもらい、最初の契約だけを締結することが

できれば、数か月後に家賃滞納が発生しようが、

基本的に関係はないのである。

この状況をきちんと理解しておくことがとても

重要である。

仮にブラックリストに名前が載っている人がいたとすると、むしろ仲介会社に

しっかりと状況を説明しておけば、比較的審査の緩い保証会社を使用できる

物件を紹介してもらえるなど、いろいろな知恵を出してくれるはずである。

なぜなら、それが合理的であるから。

無論、そういうことを一切行わない不動産会社も存在するかもしれないが、

相談にのってくれる仲介会社も多く存在します。無論、当社は

いつでもそういうご相談にのるタイプの不動産屋である。

保証会社にも様々な種類があり、保証金額にもかなり違いがあったりするのだ。

審査が厳しいところは、保証金額が安く、審査が緩いところは金額が高くなるのである。

まずは、入居可能な物件を見つけることが大切なわけで、

結果として入居できるか否かということがとても重要なわけです。

仮に本当のことをいわずに、どんどん契約を進めていっても、ほとんんどの

場合、保証会社の審査が通ることはないのである。

例えば、保証会社の審査が通らなくても、敷金を2カ月支払えバ、審査に通るという場合も

あるのだ。要は、保証会社のリスクを、敷金をあげることで補うという考えである。

事前に本当のことを話してもらえれば、さまざまな対処法が存在しているわけで、

ある。ゆえに、金融的に不安がある人は、当社のような仲介中心の不動産屋に相談してもらうことが

入居への近道となるのである。蛇の道は蛇である。

一例をあげれば、保証料金が高い保証会社であれば、審査が通りやすかったりします。

そういう保証会社を利用している管理会社の物件を選べば、高い確率で入居することが

できるわけです。もちろん、自分がどうしても入居したい物件には入れないかもしれませんが、

まずは、入居できるところに入居するほうが優先されるはずです。

そういう場合には、当社のように、主に仲介を専業にしている仲介会社を選び、

本当のことをいって、相談することをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました