線路のそばの物件について

未分類

線路のそばにある物件は多い。

最大の問題は、音である。

踏切があると、踏切の音に加えて、電車の通る音が発生するわけである。

また、場所によっては、急行列車が通過する場合もあり、この場合には

音はさらに大きくなるわけである。

これらの音が気になるかならないかは、個人差もあるが、

気になる人には耐えられない場合もあるわけである。

別の見方をすると、電車というのは深夜や早朝は、本数が少ないから、

睡眠の障害としての騒音としては、あまり気にならない人も多いかもしれない。

夜、0時ごろに就寝して、6時くらいに起床する人であれば、明け方に

ちょっと気になる程度かもしれない。

私個人の話でいうと、親戚の家が線路沿いにあって、夏休みなどによく

泊まったことがある。その家は、踏切もそばにあったのであるが、

音は無論聞こえるのであるが、たいして気にならなかったことを覚えている。

夜は夜でけっこうぐっすり眠れたものである。

こういう問題は個人差があるので、その人しだいである。

電車の音というのは、車の騒音と比べると、いつも一定の音なので、

慣れてくると、そんなに気にならないものである。

一方、車の騒音は、オートバイや、トラックによっても違うし、それに加えて

どのような運転をするかによっても、さまざまな音が出るので、

あまり慣れるということはないものである。

一般論でいえば、自動車の騒音よりも、電車の音のほうが気にならない

場合が多いといえる。

とても重要なのが、寝室が線路側に面しているかということである。

そばに線路があっても、寝室が線路に面していなければ、影響は少ないわけで、

日当たりを優先させて、寝室が線路に面している場合はかなりよくないといえるわけである。

ゆえに、単純に線路のそばだからいいとか悪いということはなく、

状況次第である。結果的に線路沿いの物件は割安になっている場合が多いので、

いい物件に巡り合うことができればとてもオトクになることもあるので、

実際に内見を行って判断することが重要である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました