ワンルームがダブついている理由

未分類

東京都内のワンルーム物件がだぶついている。

コロナ前であれば、すぐに入居者が決まったような物件も、

空室が続いている場合が多数あるのだ。

理由は明白である。大手企業の多くが、在宅勤務形態に移行したため、

首都圏のワンルームの需要が激減しているからである。

私の友人のIさんは、渋谷区の笹塚の8万円のワンルームに住んでいたのであるが、

会社への出勤が基本的に週に1回になり、趣味のゴルフ中心の生活にするため、

千葉県の誉田に引っ越してしまったわけである。

新しい家は、2DKで家賃6万円とのことである。

一人暮らしなのであるが、十分すぎるくらいの広さで、家賃も大幅に下がって

満足しているとのことである。

誉田から彼のオフィスがある霞が関までは、電車で約2時間であるが、

週に1回なので、むしろ小旅行気分で楽しいとのことである。

コロナ以前であれば、通勤地獄を避けるために、都心近郊の駅前の物件に

住むことは重要であったが、現在、そういう需要は大幅に減少しているわけである。

この傾向が変わることは、しばらくないだろう。

新聞でも報道されていたが、戦後はじめて、東京都民の転出が、転入をうわまった

とのことである。

東京から、人間が流出しており、多くはワンルームに住んでいる人であるのだろう。

別の見方をすると、都内でワンルームを探すと、かなりいい物件に巡り合う

可能性が高いわけである。

会社の通勤以外でも、都心に住むメリットはあるので、

そこに意味を感じる人は、都心のワンルームという選択肢も悪くないと思う。

でも、普通に考えれば、同じ家賃で、一部屋増えるのであれば、

そっちのほうが魅力的であるわけである。

広すぎて問題があるなんてことは、ほとんどないのだから。

コロナ問題により、社会は大きく動いている。

過去の価値観は、もはや存在していなかったりするわけである。

変化に押しつぶされるのか、その変化を利用して、楽しむのか。

それは、その人次第なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました