きれいな壁紙なのに張り替える理由

未分類

何軒か内見をしたことがある人は、気づいたことがあるだろう。

そんなに汚れていない壁紙なのに、張替えようとしている壁紙があることを。

入居者の立場からすれば、少しでも綺麗なほうがいいわけであるが、

大家さんの立場からすると、必要のない経費をかけたくないというのが

本音である。

でも、多くの賃貸物件では、たいして汚れていない壁紙でも張り替えて

しまう場合が多いのはなぜなのだろうか?

これは、管理会社の利益のためなのである。

管理会社というのは、大家さんからもらえる収入で経営しているのである。

もし、物件がきれいで、何もすることがなければ売り上げは0円である。

商売にならないのだ。

汚れていようが、いまいが、壁紙を交換すれば、交換代金を大家さんに

請求することができ、それなりに利益が発生するわけである。

一言でいえばそういう理由なのである。

大家さんで貧乏な人は、基本的には存在していないわけである。

他人に部屋を貸すくらい余裕のある人なのだから、

金持ちである。

ゆえに、多くの大家さんは細かいことに無頓着でいる場合が多い。

場合によっては、退去者の出た部屋を一度も見ることもなく、管理会社に

丸投げしている大家さんもたくさんいるわけである。

そういう場合に管理会社は確信犯的に、たいして汚れていない壁紙を

張り替えたり、ペンキを塗り替えたりするわけである。

入居者からしてみると、そんなところにコストをかけるなら、その分家賃を下げて

もらうなどしたほうがメリットがあるはずである。

そういう方針でやっているような会社は、賃借人に対しても、

同じような対応をすると考えたほうがいいわけである。

一見、綺麗な部屋に住めるからトクなような気がするが、中長期的に考えると、

むしろやめたほうがいい物件といえるのだ。

何事にも、誠実に対応している不動産会社を選択すべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました