東京で景色が綺麗な賃貸マンションは希少

未分類

東京都内で景色のきれいな部屋を探すのはとても困難である。

物件がほとんど存在していないからである。

ベイエリアや、荒川や多摩川に面した物件は存在しているが、

ほとんどが分譲である。少数ある賃貸物件はほぼ満室で、

空室がでても、予約客ですぐに埋まってしまい、SUUMOなどに掲載される

ことはほとんどないのが実情である。

もし、物件を探していて、景色がきれいで、騒音の少ない物件に

出会うことがあれば、それは高い確率で「買い」である。

都内の場合、高層マンションの多くは、規制の関係で大型道路沿いのものとなる。

そういった物件は車の騒音が激しいのが多数である。

8F以上になれば、騒音は聞こえなくなる場合が多いが、5Fくらいであれば

けっこううるさいものである。

たまたま、高層階の物件があったとしても、まわりに大きな物件が存在すれば

景色はよくないわけである。

ゆえに結果として、景色のいい物件はほとんどないのである。

2階や3階でも景色のいい物件は存在する。

位置関係で、たまたま空が抜けているような場合である。

そういう物件に巡り合ったら、迷わず契約することをオススメする。

景色がいいというのは、とても大きなアドバンテージである。

毎日の生活が豊かになる。

毎日い少しづついいことがあるというのは、1年も経つと、大きな差になって

帰ってくるものである。

金持ちが景色のいい物件を購入するのには、意味がある。

それに価値があるからである。

実際問題、東京にそういう物件は限られていて、見つけられる可能性はかなり低いわけである。

もし、そういう物件に巡り合ったら、迷わないほうがいいと思う。

コメント