エレベーターの無しの3F以上の物件

未分類

好んで契約する人は少ない

エレベーターがない4F以上にある物件を好んで契約する人は存在しない。

仮にものすごいアスリートで、体力に自信がある人であっても、

誰かを部屋に呼んだり、荷物を運ぶ時の大変さを考えると、

とても大変だからである。

ゆえに、こういう物件は格安で借りることができる場合が多い。

とは言っても、実際にこういう物件を見つけるのも至難の業である。

なぜなら、公開されていない場合が多いからである。

大家さんも、最初から諦めていて、公開しない場合があるからである。

見つけ方は、かなり難しい

どうやって見つけるかというと、

エレベーターなしの4階建ての物件の、3階以下の部屋は公開されているので、

そういう物件を見に行った時に、「4階は空いていますか?」と

聞いてみると、たいてい空室である。

ただし、数年間誰も入っていなくて、ボロボロなんてことも

よくあるので、入居できるとは限らないのである。

エレベーターがなくて4F以上の物件が何故あまり募集されていないかというと、

掲載しても、決まらない可能性が高いからである。

管理会社としても、お金を払って広告しても、結局決まらないのなら

お金の無駄なので掲載しないわけである。

令和4年に建築された物件で、4Fでエレベーターなしという物件はほぼ存在しないわけで、

昭和の経済成長期に起きた名残なのである。

もしそのエリアに需要があるなら、再開発されているはずで、

そういう需要もないので、放置されているだけの物件なのである。

結果として首都圏にはこういう物件がある程度存在している。

足腰に自信があり、荷物が少ない人で、格安物件を探している人であれば、

こういう物件は選択肢になるかもしれないが、

多くの場合、こういう物件は廃墟になっていたりもするのだ。

格安で契約できる可能性高し

3階ならまだしも、4階になると、本当に大変である。

特に長期間空室が続いている場合、大家としては「安くてもいいから入ってほしい」

と思う人も少なくないわけである。

本当にその物件に住む気があるのなら、思い切った値下げを要求しても、通る可能性は

あるわけである。

先日見にいった相模原にある四階建ての古いエレベーター無しのマンションは、

二階までは半分くらい埋まっていたが、4階は0人で、3階は1人だけだった。

場合によっては、相場の半額程度でも契約できる可能性はあると思う。

 

 

コメント